きままな時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 道後温泉本館

<<   作成日時 : 2017/07/30 12:21   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 6

四国の旅を綴っています。
道後温泉本館の耐震改修工事が始まる。
そうなると、9年ぐらい掛かると言う。
温泉には入れるようだが、景観がと思ったら
行くしかない。。。
暑い夏に計画しました。
本館も簾が掛けられ、風情があります。

画像

道後温泉は白鷺により発見され、人々がその霊験を知って
入浴するようになったそうです。
日本最古と言われる温泉
平日でも結構来ていますね。

画像

正面から右に廻ると、雰囲気がガラリと変わります。

画像

又新殿(御成門)
全国で唯一の皇室専用浴場。

画像

この玉の石に湯をかけて願いを込めると
神様に通じると言われている。
特に「 病気平癒」「縁結び」「商売繁盛」にご利益があるという。
マドンナ2人、熱心にかけていました。

画像

三層楼の振鷺閣の窓は赤いギヤマンガラスをはめた障子で
夜になると赤々と光ります。

画像

天井から吊り下げられた太鼓は、時刻を告げる刻太鼓。
朝6時に6回、正午に12回、夕方6時に6回の1日3回打ち鳴らさる。
この刻太鼓の音は、「残したい日本の音風景100選」なのに・・・
1回も聞いて無かったわ。

画像

この後行った湯神社への坂道から取った全景。

画像

坂道を上がると、駐車場。
そこに湯神社がある。
道後の湯を守り続ける守護神。
御朱印頂きました。

画像

反対側の階段を降りると、右手が駅。

画像

左手に行くと伊佐爾波(いさにわ)神社の長い階段が・・・。
135段あるそうだ。
翌日の予行練習になったかな(笑)

画像

鮮やかな朱色の建物は、日本三大八幡造り の一つ。
伊佐爾波神社の御朱印頂きました。

画像

神社を後にして、駅方面へ
駅の正面の放生園にある坊ちゃんカラクリ時計が
丁度5時を指していた

画像

道後温泉本館の振鷺閣をモチーフにした時計で
軽快なメロディにのって時計台がせり上がり
夏目漱石の小説「坊っちゃん」の登場人物が現れます。

画像

坊ちゃん列車。
1時間に1回くらい走っています。
600円で乗車できます。

画像

H29・7・21(金)
お土産買って、道後の夜につづく

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
湯神社には行かなかったなぁ。。。
道後温泉本館には工事前に行けて良かったですね。
私たちも玉の石にお湯をかけましたよ。。。
あっこちゃん
2017/07/30 22:14
こんばんは〜♪
御朱印もらいたくて(笑)暑い中、2つ神社を回りました。
道後温泉へは、また行ってみたいと思いましたよ。
玉の石、早朝散歩の時には、お湯をかける柄杓がありませんでした。
時間が決まっているのかもしれません。
あっこちゃんにも、ご利益あったかな。
あっこちゃんへ
2017/07/30 22:58
実は竹馬の友の中でも特別竹馬の友が松山に移転してまして。
ちょっと遠いので行く事はなかなか無いと思ってたんですけど、笑みりんさん書いたはるのを読むと ちょっとムズムズしてきました。
みかんジュースが当たり前のように飲めて、温泉三昧。
ほいで湯神社…興味津々ですやん。
ご主人も甲冑装着されてご機嫌やったんちゃいます?
でも刀剣持てないツラさ。
これはPhotoshopとかで合成されたら如何でしょうか…なんちって。
おーちゃん
2017/07/31 22:25
おはようございます♪
竹馬の友が、松山にいらっしゃるの?
いつか、再会にいらしてください。
松山よいとこ、一度はおいで(笑)
道後温泉も風情あります。
お泊まりはややよ。
宿の関係者では、ありません。
甲冑着るのも汗だくに、夏以外がお薦めヨロシク🎶
おーちゃんへ
2017/08/01 09:13
殆ど同じところを巡っているのに、笑みりんさんの説明を聞いてへーっと感心しています。良く調べられておりますねえ。宿はとても良い所で食事がまた美味しかったのを思い出しますが、ややよさんではありませんでしたね。
サヤ侍
2017/08/01 16:09
殆ど同じ所を巡りましたか。
書く前にちょっと調べただけですよ。
サヤ侍さんがお泊りのお宿はきっと高級な所だったのでしょう。
また行きたくなりましたか。
サヤ侍さんへ
2017/08/01 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
道後温泉本館 きままな時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる