きままな時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 寅さん記念館・山田洋次ミュージアム

<<   作成日時 : 2017/06/18 11:16   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

帝釈天を後にして、寅さん記念館へ。
平日で皆さん出足が遅いのか、人はまばら。
無料券があって良かった、初めての拝観でした。
お隣は山田洋次ミュージアム。
山田監督の手がけた映画の紹介などありました。
その先の土手は江戸川です。

画像

さあ、寅さん記念館へ入りましょう。
看板、修理中なの?

画像

あら、寅さんじゃない。
旅に出たんじゃないの?

画像

雪駄を落としちまったんだよ。

画像

入る前から遊び心いっぱいの記念館です。

画像

映画の撮影風景や生い立ちコーナー、映画のセットなど。
寅さんの5才から34才までを動く紙芝居で紹介していたり。
SNS投稿はダメだそうなので、写真なし。
行ってみて下さい、楽しめます。

画像

この車両は何でしょう。
帝釈人車鉄道と言うものだそうです。
柴又 - 金町間で人が車両を押して動かす鉄道があったそうです。
客車は1両6人乗りと10人乗りがあり、通常1人で押していたという。

画像

実際に車両に乗って写真を撮っても良かったので乗ってみました。
これは10人乗りだったようなんですが、座席は狭いです。

画像

動く模型があり、スイッチを押すと人が漕いで電車を押す模様が解ります。

画像

柴又八幡神社古墳から出土した埴輪が寅さん似ている。
「寅さん埴輪」と呼ばれているそうです。
出土した日が渥美清さんの命日だったそうです(平成13年8月4日)

画像

寅さん、また会いにくるね

画像

右側が江戸川です。
サイクリングロードになっています。
いつもここまでお坊ちゃま(次男)、走ってくるそうです

画像

土手下に、あやめが咲いていました。
矢切の渡しはどこかしら?
ここら辺にあったはず。。。

画像

うっそうとした中に、矢切の渡しの看板が

画像

桟橋です。
片道200円往復400円で乗れます。
船頭のお兄さんが「乗れますよ〜」と声を掛けてくれたんですが
他の観光客も乗ろうとしませんでした。
私達。。。船にモーターが見えて、ゲンナリ。

画像

手漕ぎで渡る「矢切の渡し」
そんな情緒を期待していたので、今回はパスしました。

画像

H29・6・13(火)つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
帝釈人車鉄道はおもちゃだと思っていたら、
実際に当時は街中を走っていたのですね。
鉄道を押す人は力自慢の人だったのでしょうか。
それにしても疲れたでしょうね。
カメさん
2017/06/18 13:29
わぁ、懐かしい〜
暑い夏の真っただ中で歩きましたよ。
寅さん記念館も矢切の渡しも。。。
あ〜、わたしたちもならなかったわぁ。。。
向こう岸が『野菊の墓』の舞台だよと眺めたっけ。。。
あっこちゃん
2017/06/18 15:08
寅さん、大好き。
凡・ハヤト
2017/06/18 17:36
 寅さんの映画は全然観たことがないのですが、なんとなく知っているくらいメジャーですね。
 「昭和」って『歴史』になっちゃってるんですよね〜
 
Nyanta
2017/06/18 18:01
こんばんは〜♪
帝釈人車鉄道のこと、カメさんはご存知でしたか。
私は初めて知りました。
動き出すまで人が乗っているから、重たいでしょうね。
筋肉隆々な男達がやっていたのでしょう。
カメさんへ
2017/06/18 20:46
こんばんは〜♪
懐かしい情景でましたか。
あっこちゃんは暑い夏だったのですね。
矢切の渡し。。。乗りませんでしたか(笑)
妹の友人からの助言、向こうへ渡っても何もないよ。
結局は戻ることになりますね。
あっこちゃんへ
2017/06/18 20:49
こんばんは〜♪
寅さん、天国へ旅立つのが早かったですね。
寅さんは憎めない人でした。
凡・ハヤトさんへ
2017/06/18 20:51
こんばんは〜♪
次回東京へいらしたら、六本木ではなくて、下町の柴又、寅さん記念館へも足を運んで下さい。
楽しい事間違いありません。
「昭和」はもう古くなりました。
「平成」ですら、もう無くなろうとしています(笑)
Nyanta さんへ
2017/06/18 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
寅さん記念館・山田洋次ミュージアム きままな時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる