龍馬はん

本来の目的地の前に迷い込んだ
縁切り縁結びの祈願所(?)
安井金比羅宮のようです。
折角だから、お参りしようかな。。。ふと、相方の顔を見る(笑)

画像

縁切りと縁結びにご利益があると、京都の 中でも評判の神社です。
縁切り縁結び碑(いし)という、願かけをする巨大な石です。
「形代」に切りたい縁・結びたい縁などの願い事を書き、
「形代」を持って願い事を念じながら碑の表から裏へ穴をくぐります(悪縁を切る)

画像

次に裏から表へくぐって良縁を結びます。
そして最後に「形代」を碑に貼るそうです。
碑が見えないほどいっぱいです。
この日も沢山並んでいました。

画像

くぐるのは諦めて、御朱印頂きました。
こちらは空いていました。
さあ、急ぎましょう。

画像

相方が行きたいと言っていた「京都霊山護国神社」
りょうぜんごこくじんじゃと読みます。

画像

維新の道の坂道を上がった先にあります。
結構辛いです。

画像

京都霊山護国神社。

画像

山の上に志士たちの墓があります。
この階段を上ると坂本竜馬の墓があります。

画像

坂本龍馬と中岡慎太郎の像の鳥居の先に
お墓があります。
常に誰かが訪れています。

画像

お墓の前に置いてあった石。
桂浜の石、「世界をもう一度せんたくいたし申し候」と書かれてあった。

画像

墓前から京都の景観が一望。
見晴らしいい場所にあります。

画像

一番上には桂小五郎(後の木戸孝允)と妻の幾松のお墓があります。
ここまで来るには息が切れます。

画像

下山すると、御朱印書き終わっていました。

画像

道を挟んで霊山歴史館があります。
相方が行きたかった所です。

画像

内部は撮影禁止です、幕末の史料が充実しています。

画像

パワーストーン(?)み~つけた

画像

この後、また人が多いところへ降りて行きます。
H28・2・12(金)京都がつづく

"龍馬はん" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント