土肥金山

堂ヶ島泊の翌日は予報通りに朝から雨。
ゆっくり温泉に入り、バイキングの朝食でお腹も満たされ
堂ヶ島を後に、室内で楽しめる土肥金山へ行った。
傘は貸してくれました。

DSC_0869.JPG
金色した鯉が泳いでいます。

DSC_0872.JPG
坑内巡りに進みます。
もう傘はいりません。

DSC_0873.JPG
山神社、金色の鳥居に金運UP祈願。

DSC_0875.JPG
坑内進んで行きます。

DSC_0885.JPG
手掘りで、女性が掘ったものを片付けます。

DSC_0877.JPG
坑内は温泉も湧き出て、一日の疲れを癒したそうです。

DSC_0880.JPG
運搬はこの蓑に入れて持ち出したようです。

DSC_0882.JPG
坑内は暑く、裸で。。。危ないですね。

DSC_0886.JPG
露出している金鉱脈だそうです。
ここ掘れワンワンですね。

DSC_0888.JPG
千石船(150トンを積載OK)、江戸時代の大型商船、実物の1/8サイズです。

DSC_0000_.JPG
黄金館でレッツチャレンジ。
千両箱重量実感体験。
22キロを持ち上げてみよう!
これは何とか持ち上げられました。

DSC_0892.JPG
重さ12.5キロの金塊を持ち上げて~持ち上がりません。

DSC_0000_BURST20200216101223637.JPG
ギネスブック、重量250キロ。
触るだけで、金運UP!
時価で12億らしいですよ~。

DSC_0001_BURST20200216101511247.JPG
令和2年2月16日(日)土肥金山続きます。


"土肥金山" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント