星乃珈琲

実家の母の四十九日の準備の為にお墓参りに行ってきた。
実家のお墓は松戸の八柱霊園(東京都の霊園)にある。
広大な公園墓地で車が無いと行けないし
番地が解らないとたどり着けないかも。
父の道案内は確実だった。
先ずはいつもの石屋さんへ寄る。
お墓には塔婆立てがない。
今まですべて父にお任せだったからね。
石屋さんに法事までに、塔婆立てをお願いして来た。

DSC_1811.JPG
帰りに法事のお斎で寄る「はな膳」で昼食。
私は鮪のほほ肉のカットステーキ御膳にした。
法事当日は寿司会席だけど、きっと美味しいと思う。

DSC_1808.JPG
帰り道、星乃珈琲でコーヒー飲もうと父。
スフレパンケーキも頼んでと。
父のお決まりメニューらしい。
コーヒーお代わりしたのには、妹のご主人も驚いていた。
パンケーキは、4人で分けました。

DSC_1809.JPG
母の法名が決まりました。
実家は浄土真宗だけど、決まった菩提寺がない。
浄光寺さんに今回お願いした。
釋尼 智春(しゃくに ちしゅん)と付けて頂いた。
意味:明るく聡明な方であって、春のように大らかな人柄という思いが込めてあるそうです。
浄土真宗は、戒名では無く、法名と言う。
釋と言う字が入り、女性は尼が付く。
智は母の一字です。

これでお位牌の準備も出来る。
本来浄土真宗は、お位牌では無く、法名軸や過去帳に記載していく。
 
誰もが仏になれることが約束されているという教えで
故人の魂は亡くなってすぐにこの世を離れ
成仏していると考えるため、魂が宿った位牌を仏壇に置いて
供養していく必要がないらしい。

最近では、お位牌を作る人も多くなったと住職。
知らない事が色々あるわー。

私達が居なくなったら、継ぐ人も無い。
お墓もいずれは始末する事になるだろう。

DSC_1803.JPG
桔梗とコスモスが咲きだした。

令和2年6月8日(月)

PS:調べて解った、浄土真宗は塔婆を立てないらしい。
だから、父が前にうちは塔婆を立てないと言っていたんだ。
でも、今は認知症のせいか忘れてしまったみたい。

お寺も商売、お金になるから、あえて教えてくれなかったのかな。
浄土真宗は東(大谷派)西(本願寺派)があり、父いわくうちは
本願寺派なんだって。

父は生まれは愛知県でその後大阪。
大阪では、丁稚奉公していて、「男おしん」の物語が書けそう。
父のルーツを辿る旅を今のうちにしてみたいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント