サブちゃん記念館

時間が早くて函館・レンガ倉庫の中を見ることができなかったので
近くにある「北島三郎記念館」へ行ってみることにした。
さぶちゃんが出迎えてくれた。

DSC00246.JPG
記念館の専任スタッフさんが説明しながら進んで行く。
写真撮影はOK、動画撮影は不可でした。
まずは幼少の頃の写真。
ご実家は網元でニシンが沢山取れ、裕福なご家庭で育った。

DSC00248.JPG
スタッフさんに続いて先に進むと、現れたのは古い駅舎。
高校時代のサブちゃんが、通学のために毎日利用した「渡島知内駅」が当時のまま再現されています。

DSC00249.JPG
渡島知内駅から函館駅までは、汽車で約一時間半。

DSC00250.JPG
毎朝、暗いうちから汽車に乗っていたそうです。

DSC00253.JPG
その当時の車内を再現。
サブちゃん、お母さんが作った弁当を、だるまストーブの上で温めて食べていたそうです。

DSC00254.JPG
高校卒業後、歌手になろうと決意して
青函連絡船「羊蹄丸」に乗って東京を目指すサブちゃん。

DSC00265.JPG
現れるのが昭和30年代の渋谷の街です。
ネオン街の一角にその頃住んでいた3畳一間のアパート。
そこの大家さんの娘さんが、よくカレーを作ってくれたそうです。
のちにその方が奥様になられたそうです。

DSC00266.JPG
上京してすぐにデビューできた訳ではなく、流しのギター弾きとしての
下積み時代がありました。

DSC00268.JPG
レコード、CDの展示、栄光の時代ですね。

DSC00270.JPG
最近では馬のオーナーでも有名で、キタサンブラックを知らない人はいないでしょう。

DSC00273.JPG
ロボットサブちゃんによる特別公演の開演です。
開演のブザーが鳴ると、始まるのは名曲「祭り」。

DSC00277.JPG
目の前の祭りの提灯が光り、舞台がせり上がって、大漁船に乗ったサブちゃんが現れ歌います。
楽しいひと時でした。

最後に等身大のサブちゃんと握手してお別れしました。

DSC00281.JPG
お土産にサブちゃんと新幹線「はるばるきたせ函館」の手ぬぐい買いました。

DSC00286.JPG
令和元年10月21日(月)ベイエリアを船から見る。。。つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント