姫路城

宮島の旅の続きをを綴っています。
翌朝、窓から見た厳島神社の鳥居。
水が大分満ちてきていました。
鳥居の工事前に来られて良かった。

画像

昨日は忙しくバタバタして、お部屋でお茶も飲まず。
良く朝、おめざで「もみじ饅頭」食べた。

画像

朝食はバイキング
広島名物(?)がんす。
魚肉のすり身に野菜や一味唐辛子などを混ぜ、パン粉を付けて揚げたもの。
ピリ辛です。

画像

宮島へ行かれるには、JRの連絡船で。
鳥居の近くを通ります。

画像

「生もみじ」気になりました。
新幹線で食べました。
生地がもちもちしていました。

画像

姫路城、DBにしました。
ご覧ください。
見られない方はこちらをクリックしてね



お昼は、ろの屋敷(高田の馬場)で

画像

官兵衛うどんと明石焼き。

画像

帰るにはまだ時間がありました。
もう少し姫路を散策 つづく

令和元年5月19日(日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年05月27日 09:23
DBで地拝見すると、
画面が大きくて迫力がありますね。
宮島の大鳥居も姫路城も、
昔の人は良く作ってものだと感心します。
ゆうちゃんなら
2019年05月27日 12:37
親孝行できましたね。お義父さんも喜んでおられるでしょうね。生もみじ気になるぅ。食べた事ないです。ライトアップもいいですねぇ。思えば平凡な宮島旅してました。いろいろありがとう。
カメさんへ
2019年05月27日 16:22
こんにちは♪
大画面で見て下さり、行った気分になれましたでしょうか。
昔は良い道具もなく、人力で作りましたよね。
お城の石垣を見るたびに思います。
ゆうちゃんならさんへ
2019年05月27日 16:27
こんにちは♪
義父の写真を鞄に忍ばせ、何度か一緒に写真を撮りました。
義母だけでも、念願叶い良かったです。
生もみじ、美味しかったけど、やっぱり普通のもみじ饅頭が好みです。
次回宮島に行くことあったら、絶対泊まって下さい。
楽しめます。
2019年05月28日 21:34
わぁ~、姫路城先を越されちゃった~
実は京都からの帰り姫路城へ寄って帰りましたぁ。
素晴しかったですね。
今度遅ればせながらUPしますので覗いてみてくださいませ。
2019年05月28日 22:56
ろの屋敷なんて高田の馬場にありましたっけ?悩んでおりますが、多分姫路にあるんでしょうね
宮島から姫路城、羨ましいなあ、もう一度行きたい場所ばかりですね
あっこちゃんへ
2019年05月28日 23:10
こんばんは~♪
京都からの帰りに姫路城へ行ったのですね。
その時、3時間待ちだったのですか。
季節が桜の時期で、混んだのかしら。
私たち、ラッキーでしたね。
UP みま~す。
サヤ侍さんへ
2019年05月28日 23:17
こんばんは~♪
ろの屋敷。。。いろはとあるのかな。
高田の馬場というお店で食べました。
紛らわしい名前ですね。
宮島から姫路、途中下車の旅、是非もう一度行ってみてください。
いいですよ~。
2019年05月30日 07:54
宮島が気に入らはったん、今回の記事見てよーっく解りました。
姫路城が白すぎ城って言われてたこと、DB見て想い出しました。
姫路城へ行ったのは六つ離れた弟が生まれた次の年、小二になる春でした。
18年前小四のボクが小二やから…えーッとぉ…えーっ…16年前?
昭和から平成になって年令ややこしなりましたけど、また年号変わってややこしなりつつあります。
笑みりんさんは如何?
いずれにせよ記憶のある姫路城とは全然違うので、行きたくなってきました。
おーちゃんへ
2019年05月30日 20:31
こんんばんは~♪
宮島、何度行っても良い所。
鳥居がきれいになったら、また行きたくなるでしょう(笑)
姫路城、6つ離れた弟さんと行ったんですね。
6つ離れたに反応。
私の妹も6つ離れています(なんか奇遇)
昭和から平成、そして令和。
若いつもりが、月日の経過を感じます。

この記事へのトラックバック