高松城跡・乗舟体験

四国の旅を綴っています。
こんぴらさんから高松城跡へやってきました
天守閣はありません。
現在は玉藻公園になっています。

画像

披雲閣
藩主の住居、のちに昭和天皇皇后両陛下がお泊りになったとか。
お手植えの松もあるそうですが、見なかった。

画像

瀬戸内に海水を外堀、中堀、内堀に引き込んだ。
日本三大水城の1つ。

画像

城舟体験が出来ます。
16:30分の乗船に申込みました(500円)

画像

記念のバッチがもらえます。
後に、舟で餌をやることが出来ます。

画像

乗船には時間があったので、天守閣跡を見に行きました。
右の石垣が天守閣があった場所。

画像

鞘橋(さやばし)
本丸と二の丸を結んでいる屋根つきの橋。
この橋を渡って来ました。

画像

「ことでん」の愛称で親しまれている高松琴平電鉄。
琴平線は黄色い電車。
丁度、駅に入ってきた。
長尾線は緑色、志度線は赤色と色分けしている。
日本各地で走っていた車両が今も走る。
「動く電車の博物館」と言われているそうです。

画像

向かい側が、水門。
海と繋がっています。
海の魚たちも入ってくるそうです。

画像

舟の回りに魚達が集まっています。
傘と救命胴衣を貸してくれます。
船頭さんも手漕ぎ、風情があります。

画像

さあ、私達の番です。
お客さんは3人。貸切ですね(笑)

画像

黒鯛、真鯛などが舟に寄り添って付いてきます。
それは餌を少しずつあげているからです(笑)

画像

真鯛の青い点々があるのは、魚にストレスがないからだとか。

画像

船頭さんの指示でうちわをお城に見立てて当てました。
こんな風にお城があったのでしょう。

画像

いつかお城が再建されると良いですね。

画像

本日の相棒(レンタカー)です。
この後、この日に泊まるホテルNO.1高松へ

画像

H29・7・22(土)
高松につづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年08月11日 22:02
笑みりんさんの写真を見ると同じ所に行った気がしません、とても素敵に見えます(笑)
高松城を昔通りの木造で再建して欲しいものですね。そうなったらもう一度松山から高松のコースをもう一度行ってみたいです(^-^)/
サヤ侍さんへ
2017年08月12日 12:48
同じところへ行かれましたか。
高松城、再建には時間が掛かりそうですね。私もその際には、涼しい時期に行きたいです。

この記事へのトラックバック