大人の修学旅行②厭離庵・清涼寺

小倉山の麓にある厭離庵。
秋のみ一般公開している尼寺。
穢れた世を嫌って、心癒されにやってきた。

画像

百人一首の編纂者として有名な藤原定家の小倉山荘跡といわれる。

「世の中よ 道こそなけれ 思ひ入る 山の奥にも 鹿ぞ鳴くなる 」

世の中の辛さから逃れる道はない。
世を捨て、山の奥にも辛いことがあるのか、
鹿が悲しそうに鳴く。

百人一首を嗜むより、坊主めくりの方が似合っているわ。

後はDBをご覧下さい
スマホで見るにはこちら



H24・11・23(金)
京都・嵯峨にて・・・まだまだつづく♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年11月28日 09:33
お早うございます。
厭離庵、上手い時間帯に滑り込まれたような感じですね。
あのガラスに映る紅葉写真、皆さん見逃されるポイントですが・・・“関守石”も見逃さず、流石!
5年位前でしたか、敷き紅葉にこの関守石のカット、地元新聞社のコンテストで採り上げられたことがある懐かしい石です。
今日のBGMしっとりとしていいですね。昨日①は、旅行スタートのウキウキ感。。。かなり高揚感がありましたが。
次辺り、えっ、こんな所、こんなポイントあったの!、と思わされるカットが出て来たり・・・怖々と、期待感を込めてお待ちしています。
有り難うございました。
きまぐれ爺 さんへ
2012年11月28日 10:27
おはようございます♪
お早い、ご参加ありがとうございます
厭離庵に行くのに、道に迷いました。
嵯峨野は地理感がありません。
厭離庵、結構人が来ていました。知っているんですね。
「関守石」と言うんですね。
「これより中に入ることは遠慮されたし」と言う意味なんですよね。
見つけた時には、嬉しかった(見たかったのです)
写真コンテストに採り上げられたんですか。ほ~
硝子に写る紅葉、ナイスって思いましたよ
BGMもどれにしたらいいか、悩みます。
明日はどうしましょう。。。これから考えます。
期待するカットに出遭えたら、嬉しいですけど、どうでしょう?
これから写真と検討会です(笑)
2012年11月28日 18:08
一年間頑張った自分へのご褒美ですね。
景色のごちそう、いっぱいいただきましたね。
k さんへ
2012年11月28日 21:11
こんばんは~♪
自分へのご褒美。。。本当に心に残る旅になりました。
景色のごちそう、いっぱい頂いて、また頑張れそうです。
そちらはもう冬ですね。
停電の影響はありませんか。。。寒そうで、テレビを見てるだけでも、風邪引きそう
2012年11月28日 21:24
この庵…それぞれの写真を見てて思いました。
ふだん一生懸命動いてはる笑みりんさんの心の中に 温かい山吹色と朱色を下さったんじゃないでしょうか。
おーちゃん へ
2012年11月28日 22:23
ありがとう♪
気合を入れて、京都入りした甲斐がありました。
庵を出る頃には、心まで染まりました。
京都の秋は最高やわね♪
2012年11月29日 08:44
穢れた世を嫌って、心癒されにやってきた人にまさにぴったりの風景ですね。百人一首の編纂者として有名な藤原定家(知らなかったです、ごめん)の小倉山(聞いたことはありますぞー)荘跡ですか、歴史を感じるなあー。京都はいいなあ
サヤ侍 さんへ
2012年11月29日 19:35
こんばんは~♪
京都は心が癒される場所が沢山あります
いっその事、住みたいくらいです(笑)
百人一首は知っていても、藤原定家さん、私も存知上げませんでした。
歴史のある京都に感動です

この記事へのトラックバック